俺がフジアールの美術進行だ!

フジアールのNo.1ファンキー美術進行 椛田 学

美術進行の仕事で一番やりがいを感じる時は?

 今、「笑っていいとも」の金曜日を担当しているんですけど、生本番5分前の緊張感がたまらないですね。(緊張感っていうか本当はいつもビビッているんですけど。)皆で細部まで段取りを組んで、それがはまって上手くいった時の達成感は格別です。
 去年、フジテレビの夏のイベント「お台場合衆国」を担当したんですけど、何ヶ月間も準備を重ねた結果、初日に大勢のお客さんが入場する光景を見て、とても感動しました。会場の仮設トイレの故障があって、トイレの中の汚物をさらって運んだのが苦い思い出です。本当に美術進行は何でも屋だと思いました。

「僕が椛田学です。」

自分はどんな美術進行だと思いますか?

 まだ、美術進行部に異動になって1年なんですけど、その前はデザイナーをやっていました。美術進行なのに、少しはデザインもできて絵も描けるというのが僕のアピールポイントです。昔からプラモデル作りが趣味で手先が器用だから、小道具も色々と自分で作れます。まだまだ経験は浅いですが、こんな僕の特技が現場で役立つこともあるんです。

「時には真剣に。」

美術進行をやっていて得したことはありますか?

 連ドラを担当すると、何ヶ月も同じ演者さんと毎日のように一緒に仕事をすることになります。仲良くなると演者さんから話しかけてくれたり、差入れでお菓子をくれたりします。前からずっと好きだった女優さんと一緒に仕事をした時、すっかり見とれてしまって仕事にならず、先輩から怒られたことがありました。

「細部まで確認することが重要。」

美術進行として大切なことは?

 美術進行は現場の協力会社スタッフをまとめていくのが仕事なんですけど、スタッフへの仕事の投げっぱなしや任せっぱなしはよくありません。僕はいつも声を掛け合いながら、すみずみまで目を配るようにしています。特に安全面のチェックは何度も何度も繰り返し、絶対に怠らないようにしています。

「完成したセットに目を細める。」

今後、どんな番組をやってみたいですか?

 バラエティー番組で、皆がびっくりするようなドッキリを仕掛けてみたいですね。いたずらとか、やってみたくても現実ではなかなかできないじゃないですか。テレビだったらできるんです。上手くいったら本当に快感でしょうね。

「重いパネルを運ぶにはコツがある。」

仕事で失敗した話を教えてください。

 部長と一緒に仕事をした時、熱くなってきたんで部長が脱いだ上着を預かるように頼まれたんです。ずっと手に持っているのも嫌だったから、近くの棚に置いておきました。収録が終わって部長が上着を返せって言うから、棚に取りに行ったら上着が見当たらない。よく見たらそこはロケ棚というロケ道具を置いておく為の棚で、他の番組のロケ道具として上着が持っていかれてしまったんです。もしかしたら、ロケ先で部長の上着が衣裳として使われていたかもしれません。

「ここがロケ棚。部長ごめんなさい。」

どんな美術進行になりたいですか?

 美術進行をやっていく中で、監督、プロデューサー、デザイナー、AD、協力会社スタッフ等、色々な人との人間関係がとても重要になります。ありきたりですが、誰からも信頼される美術進行を目指して行きたいですね。