美術開発部・タイトル制作課

観世能楽堂、銀座に帰る。

2017.05.29


 18527600_430687183962428_7097757951745040205_n[1]

吉川頑固堂です。
さて今回は、4月20日にオープンしたGINZA SIX。〈略称:G SIX〉
5階までの各フロアはブランドの旗艦店などのショップで構成され、中央の4層吹き抜けのアトリウムはゆったりとした空間で私たちを迎えてくれます。

草間彌生さんのバルーンオブジェがアトリウム上部にふわりと。 6階の本屋さんの洋書を取り扱うコーナーの上部は英国の博物館の書架を模したようなディスプレイになっていました。

さて、この建物の地下3階には、渋谷・松涛にあった観世流の能楽堂が移転してきました。
かつて江戸時代のころ、銀座には、幕府に出仕するための観世流宗家の屋敷があったとのこと。
大政奉還に伴って武家の庇護下にあった能の流派が、明治に入り銀座を離れたということでしょうか。 今でも銀座には、「観世通り」や「金春通り」、銭湯の「金春湯」などの名称が、当時の名残りとしてあります。
「銀座で能に親しめる」観世流・能楽堂の里帰りによって新たな楽しみが増えました。