採用情報

大野 祐輝

日本工学院八王子専門学校 放送芸術科
2017年度

「至る所に美術のノウハウは転がっています。視野を広くすればより面白く色んな事を学べます。まだ僕自身駆け出し中ですが、一緒に美術の世界にのめりこもう!」

この業界の美術スタッフになりたいと思ったのは、専門学校がきっかけでした。
僕が通っていた専門学校は様々な学科があったのですが、その中でもこのテレビ業界の事を学べる学科を選びました。まあ直感でしたね(笑)。
専門学校で勉強していくうちに、美術ってめちゃくちゃ面白いと思いました。
そこからの行動は早かったと思います(笑)。
一回現場を体験してみたいと思い、ドラマなどのセットを飾るアルバイトをすぐに始めたり、興味ある美術会社をドンドン調べたりしていました。

今はベテランの先輩方の助手として番組について日々勉強中です。
自分自身をスポンジだと思い、色んな事を吸収しています。
まだまだ覚えることはたくさんありますが、ほんの少しだけ仕事を任せられることもあります。
まだ「はやく一人前になりたい」と口に出すのも生意気な歳なのでまずは謙虚で素直でいること、でも時には自分がコミュニケーションをとって現場を進めていくことをしっかりやること。
あとは気配りができるようになることが僕の目標ですね。

先輩社員からの”就活”アドバイス

山口 恵太

法政大学 文学部
2017年度

大野 祐輝

日本工学院八王子専門学校 放送芸術科
2017年度

河島 那菜

日本大学 芸術学部
2016年度

廣瀨 卓哉

東京海洋大学 海洋工学部
2016年度