行動計画

次世代育成支援対策推進法による行動計画

私たちは、従業員全員が働きやすい環境をつくることによって、仕事と子育て等の家庭生活を両立させることができ、全員の能力を十分に発揮できるようにするため、次のように行動計画を策定します。

計画期間

2014年1月1日から2016年12月31日までの3年間

内容

目標1

出産・育児に関するパンフレットを更新して従業員に配布し、制度の更なる周知を図ります。2014年1月より更新内容の検討開始、情報収集。4月より制度に関するパンフレットを更新して配布します。

目標2

育児・介護を行う従業員が、職業生活と家庭生活との両立を図れるように支援を継続します。2014年4月より職業家庭両立責任者による取り組み強化を始めます。

目標3

更なる所定外労働時間の削減と有給休暇取得日数の向上を実現させます。具体的には、2014年1月より安全衛生委員会・社内プロジェクトの取り組みを強化します。また4月からは、福利厚生制度(WELBOX、保養所、社内同好会等)の周知・利用の活発化を促進し、有給休暇の取得促進策の制定を行います。

目標4

学生の就業体験の機会を充実させます。2014年4月より募集条件・体験内容等について検討開始し、同年8月より実施いたします。