デザイン部

頑固堂の野幇間話 Vol.8

2016.07.29


京都歌舞練場其の捌。京都の七月は祇園さん一色。その中で7月~9月初旬の期間、京都の花街の一つ上七軒の歌舞練場が、夕刻からビアガーデンとして営業しています。
まずは、日中に天満宮参拝の流れで様子うかがい。歌舞練場につながる小路に梅雨の晴れ間の日差しを浴びるボンボリは、そこだけが場違いな感じ。スポンサーの商品名が大きく書かれていてその目立ち方がなんとも???でした。

さて、夕暮れの開場にあわせてお伺いすると、ボンボリに灯が入り、歌舞練場までご案内、なんともなまめかしい街に変わっておりました。
明治に建てられ、昭和26年に現在の形になった建物、その囲まれた中に日本庭園が広がり、なかなか良い風情です。
日替わりで当番の芸妓さんが客席を回る趣向は気軽に花街を知るに格好の企画。
5月に拝見した新橋・東をどりの新橋演舞場、その打ち上げ会場でのお姐さん方との懇談を思い出しました。