CSRへの取り組み

第7回 こども笑顔プロジェクト レポート

2018.11.14


第7回こども笑顔プロジェクトレポート

11月3日土曜日、福島県川内村にある村民体育センターにて、
「第7回こども笑顔プロジェクト」が開催されました。
「こども笑顔プロジェクト」とは、
「東北三県被災地の復興に対し、子供たちの笑顔を通じて大人たちにも元気を与えたい!」
「テレビ美術の「ものを創る楽しさ」を子供たちに体験してもらって、笑顔になってもらいたい!」

この2つの想いを胸に、フジテレビ美術スタッフが集結し、大道具さんによる、のこぎり体験、メイク・衣装さんによるキャラクター扮装など匠の技を子供たちに楽しんでもらうプロジェクトです。

7回目の開催場所は福島県川内村。
7年前の東日本大震災で併発した福島第一原子力発電所事故により、全村避難指示区域となった川内村は、全村民が避難を余儀なくされ、その後2012年以降、少しづつ避難指示が解除され、2016年6月には全域解除となりました。
震災前には約3000人いた川内村ですが、現在村で生活しているのは2600人程度です。

まず、前日に総勢30名のスタッフで川内村へバス移動しました。
会場に到着し、すぐ設営をし、設営終わりには川内村の教育委長から「今の川内村」のお話しを伺いました。
IMG_4010IMG_4015

こども達に関しては、一度村を離れたことにより、生活の問題で戻って来にくい状況があり、帰村率が低いのが実情とのことです。

それらを改善すべく、教育と子育てに力を入れていることを話していただきました。

貴重なお話を当事者から聞かせていただき、いざ本番へ。

今回の目玉は、ガチャピンやラフくんが自分と同じ動きをする「CG体験」と、本格的な6畳一間の「茶室セットの建て込み実演」でした!
DSC_0086 DSC_0136

総勢約105名の参加者と一緒に、フジテレビ美術スタッフが考案した盛りだくさんの企画で一体となって楽しみました!

今回もたくさんの笑顔が生まれました。

DSC_0100DSC_0089
DSC_0111DSC_0068

川内村のみなさん、ありがとうございました。

また会える日まで。

IMG_4043

報告:イベント事業部 渡部 拓